2018年09月26日

振り返り2

自然栽培では人為的に肥料を入れない。
肥料を入れなければ虫に害されなくなるから農薬もいらなくなる。
それを妨げるものは肥毒
肥毒を抜くことで自然栽培は出来るようになる。

ということで肥毒に注目し
肥毒はどこにあるか?
肥料と種と人

もともと土自体が肥料であるから入れる必要はないという。
ならば土ってどうやって出来ている?その成分は?
いやいや今でいう団粒構造すらわかっていなかった。

しかし土自体が肥料ならば無肥料ではないし~なんてことは決して言わないように。
人為的に入れることがだめらしいから。

肥料の毒とは?
現実に肥毒層を私は畑を掘って確認しました。
冷たく固い層
入れた肥料の残留物が何かしらの化学変化でそこに留まっているものでしょう。
そこらは土の状況、入れた肥料、気候、作ってきた生産物などで変わってくると思われます。
入れた肥料を生産物がどう利用したか
植物生理を理解しなくてはとうてい解明できません。
そこには電子の動きによってずいぶん変わりそうですから
科学から検証できる化学まで踏みこまなけれななりません。
いやあ~農家にそれをやれって?

肥毒層を調べました。(私ではなく仲間がやってました)
金属性の物質が出てきたようです。
いわゆる中量要素微量要素といわれるようなもの。
資料が見つからなくなってはっきり言えないのが残念。
ちょっと考えると
それら物質はイオンでの動きができずというか安定した状態になってしまって
変化できなくなってしまったか
強い力で押し詰められてしまったか。
もしくは地球の自転に伴い月からの潮汐での振動で集まってしまった?
いずれにしても地中20~30cmに肥毒として存在しました

まあ、ほかにもたくさんの発見があったのですが
それは肥毒を解消するという目的のため。
よくよく考えれば肥毒を作らないようにすればいいだけです。

つまり肥料を入れないでずっと何かしらを作り続ける。
それにより肥毒部分は必要な分だけ利用されていって無くなっていく。
ところが植物は必要な分だけを吸い上げるのではなく
必要以上を吸い上げてしまう。
それはそれまで動けなかった物質が何かしらの自然の影響でイオン化し動けるようになれば
別の形に変化したり水と一緒に吸い上げられてしまう。
それは植物の機能によるところが大きい。
よけいに吸い上げられた物質は植物の体内で利用されればいいが
利用されなかったものは残ってしまう。
それらは虫たちが寄ってくる原因になってしまう。
虫たちが何故寄ってくるのかは別に調べないといけないだろうが
簡単にはこんなところだろう。

肥毒が見えなくても虫食いがあるのは
やはり余計なもの(植物が利用できる以上のもの)が残っているから。

結果、土の状態をバランスの取れた健全な状況にすることこそ自然栽培の奥義?

ではそれはどういう状態なんだろう?

土がどうあればいい?


chorga at 20:09│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 遠野から
  • 朝霧の旭1号
  • 朝霧の旭1号
  • 旭1号の状況
  • 稲刈り前 野菜
  • 稲刈り前 野菜
  • 稲刈り前 野菜
  • 稲刈り前 野菜
  • 稲刈り前 野菜
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: