2016年03月24日

自然栽培のメカニズム3

自然栽培のメカニズム3

自然栽培での生産物はその作物の生長に応じて有機物を根から土の中に供給する。
それは根酸で土の中の成分を溶かして取り込むシステムと連動している。
必要な成分があると根から土の中にある成分を取り込むために
根酸を根から出して土の中の成分を溶かし吸収するが、同時に有機物を土の中に供給している。
土に供給された有機物は微生物を呼び寄せその餌になりそこに代謝産物を吐き出す。
代謝産物がフェノール系であれば腐植を作り出し、根自身の成長に促進効果をもたらす。

植物の根は自身を支えるためだけでなく、成長させていくことで
植物が朽ちたときに土に中に有機物として供給されたことと同じことになる。
自身の成長と次世代のために備えているのだろうと思われる。

ハイポニカという実験をご存知だろうか?
環境をできるだけ一定にして、外部からの影響を極力抑えた状況での実験。
素材はトマトだった。
東京のどこかの場所で展示されていてひとつの幹から
とんでもない数のトマトが出来ていたという実験だ。
根の部分には常に一定の成分調整しない溶液が流れていた。
そこには巨大に絡み合った根が存在していた。
豊富に養分があれば根は育たないという説をくつがえした実験だった。
トマトは1年で朽ちるという説も覆した。
生命の不思議さを目の当たりに見た。
環境とはもともと持つ能力を抑える要因であり
その要因を減らせば成長に変化が出てくるという証明になった。

自然栽培の追及から科学的有機栽培(BLOF理論)を勉強する機会を得た。
自然栽培からすれば有機栽培は危険とばかりに捉えているが
はたしてそうなのか?

勉強してみて全くその考えが間違いであることがわかった。
植物の生理をしっかりと研究した上での組み立てができており
霧中模索の自然栽培はお遊び?と思えるほどの完成度だ。

土の理解も植物の生理もメカニズムもさっぱりわからない自然栽培とは大違い。
情報量も凄いがその情報を組み立てて計算して設計するという
まさに科学農業と言ってよい。

その中身については是非とも勉強会に足を運んで知って頂きたい。
自然栽培に向かう人にもきっと役に立つはず。

私は仲間にその情報を知らせたが、こぞって勉強会に参加する人が続出している。

自然栽培において特に重要なのはその中の植物生理
たまたま出来てしまった自然栽培では何もわからないのだ。

植物生理は有機栽培だろうが自然栽培だろうが変わらない。
特性を知ってどう対処するかが違うだけである。
自然栽培の大きな特徴は自然観察から対処方法を見つけ出すのが一般的であろうが
それはそれぞれの圃場の特徴に大きく左右される。
圃場の特徴さえもわからないままでは対処にしようも無く
結果のみで判断するしかない。

まずは圃場の特徴を科学的に知り
結果を科学的に分析しなくては感覚だけに頼ると間違いが出てしまう。
自然栽培に向かう人の大きな間違いは
肥料を切っただけである程度「美味い」と思えるものができてしまうところだ。
この部分はいまだに疑問のところなのだが
いったいなぜそういう感覚になってしまうのかが私は解っていない。
環境のいろんな関わりの中のそれぞれの緩衝作用が働いてしまった結果と捉えている。

11年間、自然栽培の感覚的部分からと科学的見方からの両方から考えてきたが
なかなかすりあわすことができない。

BLOF理論から出来てきた生産物と自然栽培から出来てきた作物を食べ比べると
自然栽培のものを食べてきたからだろうが自然栽培に口が合う。
その時にやはり自然栽培物がいいと思ったのだが
つい先日の有機栽培フェスタで入手したBLOFのものを食してみたら
そんなに変わらないものが出来ていると感じた。

多くのものを同じ時期にずっと食べ比べて統計でもとってみないとわからないぞと感じたのだった。
BLOF理論凄いぞ!っていうのが今の私の感想だ。

BLOF理論では高機能なものを多収穫できる。
出来たものを調べてどういう結果になったかわかるし
収量も多く取れることがわかっている。
自然栽培では出来ただけで中身はどうなのかわからない。
これからの方向性はどうなっていくかは予測がつく。

いずれも腐植を利用することを表に出していないが
腐植は気がつかずとも関わっている。
腐植の利用を大きく考えるようになると
さらに良い方向へ向かうと確信している。
その部分の説明はいずれまとめて行こうと思うが
まだ情報が不足している。

環境特性を分析し
植物生理を知ることで対処方法が変わる。
ただ放置なのか、何かしらのアクションを必要とするのか?。

自然の循環を生かすことも大事であるのだが
良き物を作り上げるには進化も必要であろう。

循環はただ循環しているのではなく
スパイラルに循環しながら進んでいるということを知って頂きたい。

自然栽培では環境による制限が大きい
宇宙単位の自然界の制限がそこにある。
かつ、有利になる条件もある。

それをいかに見つけ出し、育つ条件をそろえてあげるかが
自然栽培を成功させる秘訣。
メカニズムがわかってきたら、そのメカニズムを発揮させる状況を作り出す。
それが生産者の仕事となるわけだ。


chorga at 02:56│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • ついに完成か?
  • ついに完成か?
  • うらけん
  • うらけん
  • 遠野から
  • 朝霧の旭1号
  • 朝霧の旭1号
  • 旭1号の状況
  • 稲刈り前 野菜
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: