2015年12月01日

自然栽培米 旭1号の酒

440167283
いよいよ始動

元田農園で
自家採取20数年の旭1号
自然栽培11年の圃場で育った米だけで
酒を造る運びになりました。

ここ数年何度かトライしながら出来なかった。
アルチザン(Artisan club)と入船市場の山田さん
そして花の香酒造の神田さんの協力の下
ようやく進み始めました。

酵母は熊本で生まれ全国で最も信頼されている
熊本酵母

自然栽培米なので精米歩合は69%
酒の規格では大吟醸が良いとされているようですが
50%も捨ててしまうという精米率。
なぜにそんなに捨てないといけないの?という問いに
雑味を除くためらしいという。

私は本当はあまり削りたくないとの意見に
80%とか一気に99%とかの話が出てきました。
自然栽培で11年もの時間を通り過ぎた土で出来てきた米です。

全国の安全らしい米を集めて食べてみたが食べられなかったという人が食べられる米です。
米アレルギーで米を食べたら寝込んでしまうという人が楽しみに食べてもらえる米です。
雑味が極端に少なくなっているのではないかと思っています。
そういうお話を頂ける自信が精米率を上げる必要はないと思える根拠です。

しかしながら最初から冒険しなくても良いという判断から
69%に落ち着きました。

長年の思いが本当に形になろうとしています。
販売価格は超大特価になりそうです。
4合ビンと1升ビンで計画。

試験的意味合いが強いのでその値付け?って・・・
私は正直に言うとあまり気が進まないところもあります。
だって米を安く出さねばならないからです。
米で売ったほうがいいし、割に合わないと思うところもあるから。

だけどもこの米で酒になったらどんなに美味しい酒になるのだろう?
と思えば造ってみたいと思うわけです。

気持ちはもっと高く売ってもらいたいというのが本音。

もしかしたら一回だけの特別販売の酒になるかもしれません。

さて、仕込が迫っているというので
必要な米を色彩選別機に掛けなければいけません。
30k1時間20分ほどかかるけれど明日からかかります。
忙しい中での時間を作らないと。

米作りにかけた情熱を引き継いで酒に向けていただく
花の香酒造さんに期待したいです。

よろしくお願いいたします。


chorga at 22:11│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • ついに完成か?
  • ついに完成か?
  • うらけん
  • うらけん
  • 遠野から
  • 朝霧の旭1号
  • 朝霧の旭1号
  • 旭1号の状況
  • 稲刈り前 野菜
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: