2016年03月

2016年03月07日

4月23,24日  12回目の九州自然栽培研究会のメニューについて

4月23,24日  12回目の九州自然栽培研究会のメニューについて

自然栽培をやるにはできるだけ環境に配慮し、関わるものの多くに問題意識を持たねばならない

私自身はそういうコンセプトを持っています。
なぜならば目の前だけの問題解決だけでは済まないほど多くのことが絡んでいるからです。

始まりは自然栽培を上手くできるようになるにはどうすればよいか?から。
それはひとえに良い作物を作るためであり、買って頂く人に喜んでもらえるようにという思いからです。
そこから
良い土を造るとはどういうことか?
生産物はどうやって成長するのか?
など多くの問題を勉強しながら解決できる方策を考えてきました。

そして自然栽培では畜産の問題に目を背けてきたという思いがあります。
肥料は使わないが植物性のものであれば使っても良いだとか
動物性の肥料は危険だとか言い放っているわけです。
それなりの理由もあるのですが根本的な解決方法は探ろうともせず
ただただ批判となっていたようです。

今までわからなかったということもありますが
解決方法は江戸時代からあったんですね。

自然栽培を始めたころ、有名な木村秋則さんの話の中に
畜産の関係者から「木村は畜産をつぶす気か?」と迫られたという話を聞きました。
私はそのことがずっと頭の中に残っていました。
畜産のことは畜産が考えるべき問題だ、と当時は思っていました。

それが肥毒の解決法から入り込んだ土の成り立ち
そして有機物と土のかかわりからの畜産の糞尿の解決法が見えてきました。
土の生成に関わる有機物からの腐植という状態が多々の問題解決に役立ち
循環を担っているということがわかってきました。

私のセミナーに来て自然栽培を押して頂く人々に聞きました。
肉を食べない人挙手
50人中1人
自然栽培の米野菜を求める人のほとんどは肉も食べるのです。
肉を食べるのにその困る部分である糞尿処理に知らん振りでいいの?
糞尿処理を耕畜連携という名目で田や畑に捨てている現実
糞尿を適切な処理をして循環できる形になっているのならまだしも
不完全な状態で土に捨てるから問題が起きていたんですね。
そこの問題点を逆手にとって自然栽培は売って来たという部分もあります。

その自然栽培が嫌って知らん顔してきて
さらに批判してきた部分の解決法を見出すことは
自然栽培を続けるには必要ではないのか?

ずっとそう思っているこのごろです。

そこで九州自然栽培研究会では
その本来触りたくない部分の解決法を
さらには生かし方までをお知らせできればと思っています。

その分野のエキスパートをお呼びしてお話をして頂きます。
畜舎から一切に糞尿を出さずに循環させるようなところまで来ています。
今回は自然栽培の話もありますが、ここまで来ている技術を
知って頂きたいと考えています。

人にとって大事な食のためには耕作農業も畜産農業もそこにある問題を解決していくことが大事だと思っています




chorga at 02:30|PermalinkComments(0)

酒が出来なくなりました、ごめんなさい。

酒が出来なくなりました、ごめんなさい。

私の自然栽培暦の一番長い(11年間無肥料無農薬)の圃場で採れた旭1号だけでお酒を造る計画が頓挫してしまいました。
理由が良くわからないままなのですが、期待していただけに残念です。

12月から仕込みに入るという話から進まないままどんどん時間だけが過ぎて
結局出来ないということに・・・
私自身はあっけにとられるだけなんですが
正直に理由は良くわからないままです。

期待して予約いただいた多くの方々、本当に申し訳ありません。

数年来の企画であったのですが
ようやく実現すると思うも出来てみなければどういうものに仕上がるかは不明。
まずは造ってみようという事から
米で販売する卸価格の半分の値でやりやすくしたつもりなんですが
結局こうゆう結末になってしまいました。

期待大きく待っていただいていた方々に早く報告だけはしなくてはならないと思い
ここに書かせていただいています。
はっきりしたのは3日です。
私が腰を痛めて動けなかったのですぐに報告ができませんでした。
本当にすみません。

ラベルのデザインも決まっていて
しかもすばらしく気に入っていたんですけど・・・・



chorga at 01:41|PermalinkComments(0)

2016年03月01日

第12回九州自然栽培研究会セミナー へ向けて

第12回九州自然栽培研究会セミナー

今年はセミナーをやらないつもりでいた。
自然栽培で12年
この時間にいろんなことがあってその枠では収まらなくなってきたのが理由。

自然界には色んな現象がある。
その一部をもって自然栽培というカテゴリーが出来上がってきたが、
それはそれで素晴らしいものだと思う。
だが、収まりきれないほどの情報が集まり
今までの自然栽培とは本当に自然と思えるのか?
という疑問さえ浮かぶほどになってしまった。

自然の中で起こる色んな現象を一くくりにすることは難しい。
自然栽培では肥料農薬を使わないという括りがあるが
いったい何が肥料で何が農薬なの?って思ったりもする。
今の自然栽培では肥料を使わないということが一番に上がる。
人の手で施用するものを指しているようだが
植物の生理から見ると水も二酸化炭素も肥料と見ることが出来る。
なぜなら植物の体を作るベースが炭水化物で光合成によって作られる。
それの材料が水であり二酸化炭素
光合成をする葉緑素はマグネシウムに窒素、その他の要素により出来ている。
総合的に見て、すべての要素がそろわなければ成長していかない。
自然界にはその要素が散らばっているわけだが
その要素を自然界から調達するのか人の手で施用するかで分ける。

自然界には緩衝作用があり、それは自然栽培に大きく貢献している。
不足するものにあわせた成長をするから余分には収穫できない。
しかしなんとかそろえられたぶん成長する。

最近のBLOFという有機栽培はそこを徹底的に調べて
過不足無いように施肥を調整して育てる。
すごい
突き詰めると、自然栽培でしかできなかったものが
大量生産できるのではないのか?と思えるほどだ。

見方を変えると凄い方策が出来てくるのだ。
いちどそれを勉強してみればご理解いただけると思う。

自然栽培と有機栽培の違いは人の手により施肥するかどうか?
自然栽培での施肥は無いが、必要とされる養分は何かしらの供給源が無くてはならない。

その供給源になっているのが土である。
先に述べたように、植物の体を作る大本は水と二酸化炭素による光合成にある。
二酸化炭素は空気中から取るにも水は土に含まれる水分からが大きい。
そして光合成に関わる少量の成分も土から供給される。
生物が海から地上に出てきたのは生物の光合成により排出された酸素が大気中に多くなり
そこから発生したオゾン層が太陽光線の中の生物に害する部分を押さえてくれたこととにある。
地上に出てきた生物がそこにある岩石の成分を利用しながら生きる方策を見つけながら進化していき、
さらに生物が作り出した有機物と無機物から土を作り出して生活環境を作り出してきた。
出来てきた土を環境母体とすることで進化が始まった。
土に有する能力を引き上げてきたのも植物であり、土と植物との切れない関係が出来上がっていった。

耕作生産栽培、特に自然栽培においてはその土の能力を知ることはとても重要だ。
土とはどんな能力を持っているのだろう?

土の能力は有機物の循環に大きく関わっている。
動物性、植物性という区分が最近良く聞かれるが
土の能力を引き出すのは有機物という一くくりで考えることが出来る。
そこに腐植という状態、そしてそれに大きく影響すると考えられる
フルボ酸とかの性質までを知ることで土の能力を知ることが出来る。

さらに腐植を突き詰めていくと
環境に大きく貢献していること
今の時代でも変わらない循環に利用することで
人々の生活をよりよいものに導くことが出来る。

そこには自然の長い歴史の中から生み出されたシステムが存在し
みごとに組みあがっている。

今回のセミナーはそこまでを考えるような話をしたい。、

さて
そんな方法論もいったい何のためにやるのか?がはっきりしないと価値がなくなってしまう。

良いと思われる食材を生み出したい。
そしてそれは良い環境を維持することも必要

どんなに考えている人でも野菜も肉も食べる人がほとんど。
自然栽培で野菜だけ良くても片手落ち
そして食べれば当然排泄もする。
排泄物はどうなっているのか?

実は腐植とは生きる環境に大きく関わっているのだ。

私は自然栽培をやっていくにあたり
そこまで考えなければいけない気がしている。

そういった理由からなかなか自分自身まとめるのが大変で
セミナーをやめようと思っていたが
今回はそれを繋いでいただく方々の協力を仰ぐことが出来るようになった。
腐植とか汚泥とか畜産糞尿処理のエキスパートを招くことになった。

ちょっと難しい部分もあるかもしれないが
驚くべきシステムと環境の話が出てくるはずだ。

ここまで考えずに自然とか循環とかの言葉を使うことは出来ないとさえ思うのだ。

急遽
ならばやろうということになった次第だ。

ぜひ多くの方々に知って頂きたい情報が満載だ。
時間的には今までのセミナーの時間と同じ
プログラムを考えている最中。

予定は4月23日と24日
場所は熊本県菊池市七城町の温泉ドームリバーサイドパーク
23日 午前9時半から5時まで
24日 午前9時から12時まで

近々応募要項を発表いたします。



宿泊宴会込み 破格の15000円 



chorga at 13:12|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • ついに完成か?
  • ついに完成か?
  • うらけん
  • うらけん
  • 遠野から
  • 朝霧の旭1号
  • 朝霧の旭1号
  • 旭1号の状況
  • 稲刈り前 野菜
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: