2016年02月

2016年02月17日

BLOF野菜を食べた

オーガニックフェスタで入手した野菜を食べてみた。
DSC_0125

正直に驚いた。
どれも美味い。

10数年前に初めて無肥料の野菜を食べたときみたいな衝撃ではなかったが
癖を感じないしえぐみなんて感じなかった。
DSC_0117
DSC_0118
どれもデリカ表示があり、良い結果が出ているものだが
はたしてこれがそのまま食べたときの感じ方に出ているかどうかは疑問だった。
それは以前BLOF理論を勉強し始めたときに
頼んで寄せてもらった野菜を食べてみた時に美味いと感じなかったからだ。

私のセミナーに集まった人の意見も同じような話だったので
どうやらBLOFでの野菜は自然栽培には追いつかないと思っていた。

その考えを今回はみごとに裏切られ
これはいいぞ
って思える野菜たちに出会えてしまったのだ。

生産現場を知るわけでもなく
生産者を知るわけでもなく
食べた野菜だけでこう思えるのはすばらしい野菜に仕上がっているということ。
私の場合は
自身にアレルギーを持ち
おかしなものは体が拒否児反応を示す。
だからこそ厳しい評価になりやすいのだが
ここまで仕上がっているということは
BLOF理論はやはり間違いないと思われる。

長年、自然栽培に向かい合い
追求し、その何たるかを感じながら生きてきた。
自分なりに極めるところまでやってきたつもりだ。

どうしても追求しきれないところから
他の方法論を勉強してさらにその先を見てみたかった。
そこで出会ったBLOF理論だったが
肥料を使うという時点での線引きが自分の中にあった。

BLOF理論提唱者の小祝氏とはこの数年懇意にさせてもらっている。
すばらしい技術と知識には圧倒されていたが
出来たものがすべてを表現してしまう。
そこでの美味いと感じなかったところに引っかかっていたわけだが
今回は本当に驚いてしまったわけだ。
さらに
その引っかかってしまった原因も
どこにあったかがわかり
それはそのまま自然栽培での疑問を解消することにもなった。

向かい始めた道は違えど
向かおうとする先はほぼ同じ。

今回の気づきは
大きな壁を飛び越えることになるかもしれない。

方法論だけで縛りつけようとするとわからない部分だろう。

またまた楽しみが増えてきた。



 

chorga at 01:03|PermalinkComments(0)

2016年02月15日

オーガニックフェスタ2016

オーガニックフェスタ

今年もオーガニックフェスタに行ってきました。
技術的な部門にも興味はあるのですが
私には自分の中にある思惑があります。
その為には基本的な部分の押さえが必要です。

私は今は全てが無肥料の自然栽培が基本。
自然界の循環があってこそ出来る方法ですが
それに加えて腐植という自然界の生物に利する部分に焦点を持っています。

今回のオーガニックフェスタはBLOFという新しい有機栽培が主流。
機能性を謳えるところまできているので説得力は凄いです。
首謀者は有名な小祝氏。
その理論によりすばらしい結果を出す人たちが目白押しです。
有機の資材を化学的に使いこなし、結果を出す。

まさしく結果にコミットする方法論です。(笑)

ここまで科学している方法論は初めてなので
凄く興味があって数年間勉強させていただいています。

そしてわかってきたことは
行き着くところは同じところということ
道がちょっと違うだけ。

肥料を使うか使わないかという分岐点で
方法は一気に変わります。

肥料とはいったい何?

その昔先人が土に厩肥を使うと良く育つことに気がついて始まったが
その反面弊害もおきるということも出てきた。
効率を求めての人の欲が肥料というカテゴリーを進化させてきたということ。
そこからちょっと違った方向からだけ見た技術だけが大道と思われてしまったのが迷路化した原因か?

BLOF理論はそれを本筋に戻すという感じがする。

自然栽培は肥料というものの弊害から使わないという利点を求めてきたもの。


実はどちらも自然界の生、特に植物の根本性質を理解していかないと上手くいかないのです。
細胞の一つ一つがどうやって今に至ったかの歴史まで知っていなければ
制御コントロールしようなどということは出来ません。
実際はわかっていても思い通りに行かないでしょう。

BLOF理論はそこを上手く簡単に出来るようにプログラムされていると思います。
細かいことを知らなくても出来てしまうプログラム。
小祝さん凄いね。

さて、そこで私が何を考えているのか?
自然栽培を追及していて出会ったBLOF理論は
おそらく出会うべくして出会ったのです。

なんだか方法論の話はどうでも良くなってしまうんですね。

どうしたら自分の求める食が生み出せるのか?その一点です。
求めるものは食べる人の満足な顔を見れること


実際にはいろんな人がいて
何も食べられないようなアレルギーの人もいます。
精一杯のものを提供しても食べられない人だっています。
食べられました。
その一言を聞かせてもらったときに込み上げるうれしさは
何にも変えられないです。

オーガニックフェスタはその一部を見せてくれるいい機会なんです。







chorga at 23:22|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 旭1号出荷
  • 旭1号出荷
  • 旭1号出荷
  • 稲刈り中
  • 稲刈り中
  • もみすり
  • もみすり
  • もみすり
  • もみすり