2014年11月

2014年11月08日

テレビ放送

熊本の放送局KABで今年の米 旭1号の放送があった。
昨日と今日の2日連続での放送は初めてだったが実は違う番組なんだよね。

自然栽培が表に出ているんだけれども、私はその生産方法にこだわってはいない。

想いは安全な食材にどうやって仕上げるのか?だから生産方法で分けることはない。
通常は生産方法でその中身が違うような表現が多いのだが
生産方法だけで安全性は担保できるものではない。

自然栽培に向かって10年
そこに何かの違和感があるのも最近わかってきた。
日本人には大事な精神的な部分
それがあるからこそ日本人はどこかのがさつな国とは違うと思えるのだが
そこばかり強調しすぎておかしくないか?と思わせる部分もあるのだ。
 
自然と科学を追求してくると、今まで当然と思っていることが
一体何故そうなのかが分かってくる。
当然が当然でなくなる瞬間があったりする。

たとえば土
日本では何処にでも存在する土は、なぜそこに存在するのか知る人はいない。
あって当たり前であって、無ければなんて考える人もいないのだ。
その土はどうやって出来てきたのか判る人なんて皆無ではないか?

自然栽培とは生産活動の一部であり、有機農業の片隅の存在である。
自然栽培だけを正義としそれ以外は受け入れないなどという考え方はいかがなものだろう?

たまたま自然栽培で出来た生産物が良い結果を出しただけに過ぎず
いつでもどこでも良い結果を出すとは言えないのが実情。
これこそと思い10年 の時間を費やし、その実情を知ることになってしまった。
確かに極めれば素晴らしい結果を生み出す。
その場所に立ちたいが為にやってきて、その近くにまできたと思っている。
だが、そこに立って初めて気がついたのがここ。

はっきり言う。
今までの自然栽培は理想とする自然栽培とはかけ離れている。

それに気がついた私は、いろんな方法論を勉強し始めた。
そしてそれらがうまく融合しバランスのよい状態を見つけ出すことが必要と思った。

土のことを知らない自然栽培
植物生理のことを知らない自然栽培

たまたま出来た素晴らしいものはいったいどうやって再現するのか?

どこででも誰にでも再現できることこそ技術の構築である。
それを追求しているのは、自然栽培が嫌っていた有機栽培だった。

自然という言葉に振り回される人が増えるのをいびつな感情で迎え入れている。
自然という言葉はいかに大きいものかを感じている。

人に自然を操作する力はない。
自然の動きに合わせて工夫することが精一杯だ。
自然の成り行きを観察しそれに合わせて行くことこそ本筋。

そこに何があるかを科学し化学していかねば
自然を上手く受け入れることさえできないだろう。

自然栽培を強調されたテレビ放送を見ながらそんなことを思っていた。

極めることはなかなか難しいことをさらに知ってしまった私がいる。

 

chorga at 22:01|PermalinkComments(0)

2014年11月03日

今年の旭1号

忙しくしている間に旭1号の収穫は終わってしまいました。
今年は夏の雨ばかりでの日照不足で収量は少ない。
細かい集計まで出来ていなくてこれからだけど
やっていればわかるもんです。
これから集計し、振り返ってみます。

こんな状況だからこそ判ることがあります。
収量が少ないのは自然現象のせいばかりにしてはいけない。
そこに何があったかを調べてみると有機物の循環が少なかったから?
さてさて、いろんなことが浮かんでは来るのですが
どうしたら良かったのか?

そのあたりの検証はしっかりとしないとね。

いずれにしろ予約いただいている数量に足りるのか?
心配になってきます。

そして中身はどうあるのか?
多方面に検査を依頼しているところで
結果を待っているところです。
出てき次第公開いたします。

実は今年はシビアな問い合わせがいくつか来ています。
全国からイロイロ取り寄せてみて食べられたのが元田農園の米だけだったというもの。
おそらく過敏症の方が家族におられる方でしよう。
対応させていただくことにしましたが、原因もわからず対応方法も良くわからないというのが本音。
そこには何があるのか?緊張する場面です。
そして、やはり過敏症の方から、元田農園の米を買ったが食べられなかったというもの。
何かしら方法はないものか?ということで私が思う一番の米を送って食べてみてということしかなかった。

過敏症の方の食べられるか食べられないかについては答えようがない。
でも、なんとかできないものかと考える。
検査を通して良い数値が出たから大丈夫とは言えないものがそこにはある。

確かに今まで多くの方から食べられなかったのが食べられたと言われることがあって
それなりに自信はあるものの、ここまでやっても食べられないと言われる方がいるという事実。
追求に終わりがない。
かといって経営のことも考えなければいけない。
多くの方が応援していただくようになり、なんとか答えたい。
考える時間はきりがない。



 

chorga at 15:50|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • ネギ草処理2
  • ネギ草処理2
  • ネギの草処理救出作業
  • ネギの草処理救出作業
  • ネギの草処理救出作業
  • ネギの草処理救出作業
  • 田植え終了~
  • 田植え終了~
  • ネギの定植