2017年01月14日

フルボ酸パワー

今日は汚泥処理とその加工したものの利用についての映像を紹介します。
Facebookではすでに知っている方もいると思いますが
私のブログでも出したいとずっと思っていたんです。

汚泥処理からフルボ酸を作り出し
それを利用することで植物にも動物にも有用な状況を生み出すという話です。

今までも何度も文章では紹介していますが
実際に映像で見ると理解が早いのではないかと思ってます。
ダウンロードにちょっと時間かかるかもしれません(77Mb)

フルボ酸パワー

自然界には有機物の循環があり
それは植物も動物も動物の糞尿も多少の変化の工程が違うだけで
大筋は同じなのです。
土壌生成理論図

自然栽培から「土」とはいったい何?
という疑問に突き当たり、そこから有機物が変遷し腐植という状態になっていく事を知り
腐植という状態から土へと変化していくことを知りました。

腐植の状態の中にフルボ酸という状態のものが含まれ
それが自然界の有機物の循環に大きな役割を果たしているという事実。

土の上に野菜の残渣があったとしても、いつのまにか無くなっているのは
動物の糞が土の上に落としてあったとしてもいつのまにか無くなっているのは
腐植の力です。

その循環の中でできた土には緩衝作用がもたらされています。
腐植はかなり強い部類の酸性ですが酸性の土または水に添加すると
中性にの方に振れるようです。
これは腐植に含まれるキレートによる緩衝作用であろうと思われます。

自然界のこの法則を利用することで
環境に農業に大変な貢献が出来るはずです。




chorga at 23:09|PermalinkComments(0)

2017年01月13日

大豆選別

image
image
毎年自然栽培で大豆を作っています。
12月に収穫し、天日にて乾燥し
1月に選別をしています。 
しかし収量はやたらと少ないんです。
4反作って150k~200kくらいかな?
草処理とかの影響もありますが
大体少ない。
1俵/反くらいかな~

3俵/反くらいは欲しいよね~
でもこの大豆では元田味噌ができるので
絶対に作っていかねばいけないもの。

この味噌が我が家の味噌汁になるから必須

単純に売るためでは作れないんだよね。
赤字もいいところだから。

しかし美味いんだよねこの大豆。
煮豆作ってもらおうっと。 

chorga at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年01月12日

ビックリお得なWifiサービス

image
私はWifiルーターを使っています。
パソコン、タブレットを使って現場での情報を収集したいなど
ネットとのつながりは絶対必要だからいつでもどこでも繋がっているようにしていています。

しかし普通は7G/月 制限とか3G/日 制限とかでイライラの日々でしょう。

そんな中素晴らしい環境を提供してくれているところがあります。
富士Wifi (http://biz.fuji-wifi.jp/)さん

なんと3696円/月で無制限で繋げることができます。
昨年の11月まではなんと2960円だったのだ。

ソフトバンクのサービスエリアを使えます。
月制限なし、日別制限なし、期間制限なし。
で、この価格。
これしかないだろうってサービスです。

家の光サービス辞めようかと思うほどのびっくりサービス。
おかげで何にも気にせずネット環境があります。

あまりにいいので2台目契約しました。
似たサービスもほかで出てきているようですよ。
調べてみる価値はあると思います。
爆発的に知られてきているようで
今では契約の制限がかかっているようですよ

ちょっとした情報です(笑)

 

chorga at 19:16|PermalinkComments(0)

アスパラ講習

image

image
アスパラの講習会

ようやくこの日が来た。

農協のアスパラ指導員が畑に来てくれました。
本を読んでいるだけではまだわからないところを教えていただきました。
すでに掛けるビニール(PO)も発注済だったんだけど
話の流れから良くないことがあり急きょその場で電話で仕様変更
間に合ってよかった~~

今までの経験からやり易いようにというか
掛けやすいようにと考えたことがまずい管理になるということから
最初大変だけど管理しやすい仕様にしました。
けっこう金がかかるのですが後のこと考えたらね。

本を読んでより話で聞くほうがわかりやすい。
理屈で追いかけて流れで考えていけるので
ほぼ聞いたことは頭に入りました。

最近何でも忘れやすいけどこうゆうことは忘れないかな~?

今まで自然栽培でやってきて
堆肥は使ったことがなかったからどうしようかと考えていたけど
堆肥センターがあるということと繋げていただいたが
こんな時はうまくいくんだね~
仲間が現場に来て圃場の空いてるところを堆肥置き場で使いたいと言ってきた。
その代わり堆肥を供給してくれるという話をもってきた。
堆肥の元は馬
チッソの含有を考えて豚と混合で
さらに腐植を使うことで農薬無しに挑もうと思ってます。
アスパラに害のある病気はほぼ菌みたいだから
フェノール系に向けた腐植であれば理論上は抑えられるはず。
その準備も含めて現場に電気を引いてもらいます。

さてさっそく圃場整理・・・・うはあ~けっこうたいへんかも
土菌ちゃん作る用具集めなきゃ






chorga at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年01月11日

循環の鍵

今年になって再度ブログを書き始めたんだけど
これは初心に帰るって意味合いが強い。

書き込んでいくと見直す時にあの時はどうしてた?がすぐわかる。
思いの変化もわかる。

長年取り組んできた事もあるし
新しく始めることもある。

変わらずにいるのは
良いものを作り出すこと。

自然栽培から腐植、BLOF技術、無機質の奥へと広がる経験と勉強

それぞれに奥が深いものがあるが
実はそれらは強く絡み合っていることに気が付いている。

最近よく書いている汚泥処理、糞尿処理は
元を考えると自然栽培から広がってきている。

自然栽培がベースだからこそ
自然栽培から離れない。

だが、自然栽培だけでは片手落ちに感じることはよくある。

自然栽培に批判的に取る人が多くいるかもしれないが
実は自然栽培をもっとよくしたいからという気持ちが強いのだ。

自然栽培をよく知るには腐植のことがはずせないし
肥料を使わないからこそ有機栽培を知る必要がある。

植物を扱うから植物の生理を知る必要がある。
植物は有機物であるからこそ有機物の循環を知る必要であるし
有機物の循環を知ると
環境の循環にまでいってしまう。

自然栽培で嫌う動物性肥料はやはり有機物であり
循環の一端をもっている。
無視するわけにはいかない。

自然界の循環は全てが整っている。
そのうえで人は生きているわけで
その全貌を見極めて生きることが大切かと。

片手落ちでは循環が止まってしまう。
それは自然なのだろうか?

私が自然栽培に求めるところだ。

腐植にこだわるのは循環の鍵だから。

そんな思いを伝えていくにも
やはりブログはやっていくべきなのだろう。


chorga at 00:00|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • ネギ草処理2
  • ネギ草処理2
  • ネギの草処理救出作業
  • ネギの草処理救出作業
  • ネギの草処理救出作業
  • ネギの草処理救出作業
  • 田植え終了~
  • 田植え終了~
  • ネギの定植