2017年03月06日

保育園で食べてもらっている自然栽培旭1号

朝から保育園への旭1号の納品のために石抜き作業。
米は収穫の時にもみすりまでして30k袋で冷蔵庫に保管してあるから
納品の時に石抜きして小分けするときは色彩選別機をかける。
出来があまり良くないときは選別でかなり弾いてしまうから
自家用の中から補充している。
この作業はもみすり時に出来ていれば手間がはぶけるのだけど
もみすりと色選作業の時間的タイミングが合わないし
作業の煩雑さが出てうまくいかないから分けている。
それぞれに機械がいるのだけど、機械がないときはたいへんだった。

今では機械がやってくれているので安心して出荷できるようになったが
もみすりしただけでは
籾殻とか籾とかそれ以外に混入したものがあったりと
クレームが出てくる時があった。
今では無くなったが色選があると本当にいい。
ようやく機械もずいぶん安くなってきたが
ちょっと前まではとても手が出るものではなかったくらい高かった。
ようやく入れることが出来てほっとしたのを覚えている。

最近は米生産だけでは生活するのさえ難しい。
行程全てに必要な機械をそろえたらびっくりするような金額になる。
ようやくすべて揃ってきたが、次はその機械の更新が必要となる。
籾はガラス質を含むので鉄を摩耗していく。
機械がこすれて部品を変えたり新しくしたりする必要がある。
そのたびに大きな出費となる。
それこれ考えてたら米はほどほどで他の何かをやったがいいと思うようになってきた。

しかし周りを見渡すと
専業の農家がほとんどいなくなってきているのに気が付く。
専業のほとんどが50~70で後半が多い。
しかも引退寸前。
この状況を見ると、今後の米生産はどうなってしまうのだろう?と心配になってしまう。
設備をもって集約してできる人がいなければ終わってしまうんじゃないかと・・・

いずれ趣向品になってしまうだろうの米はある時期から極端に高くなるのではないかと考えている。
ではその時にいったん辞めた人たちが復活できるか?
いや出来るとは思えない。

他の仕事で金を稼いで、食べるものは輸入でもすればいいと思っている人は
危ない橋を渡っているとは思わないのだろうか?

そんなことを思いながらも
米の、自然栽培の米の生産はやっていくつもりだ。
米に集中するがあまり経済面で苦しい思いをしてきたが
今後はうまいことやっていかねば継続さえできないことに気が付いた。
苦しいながらもいろいろ勉強させていただいたおかげで
いろんなことに対処できるようになってきたから
それを出していけるように考えていきたいと思っている。

保育園での自然栽培の米の給食
持っていくたびに職員さんの話を聞くけど
みんな笑顔で言ってくれる。
子供たちが笑って残さずに食べてしまうからうれしいとね。

そう言われて嬉しいのは私なんです。

今日はいろんな思いが混濁したブログになってしまった~~



chorga at 17:44|PermalinkComments(0)

2017年03月05日

今日のメモ

今日のめも

毎日何やってるかも書いていこうかと思いました。
思いを書くのがほとんどなんですけど
何やってるかを確認できるのもいいかなって。

で、今日は
何やったっけ?

という具合にすぐに忘れるような年になってきたんですね。

ということで
立てた計画の進捗状況がわかるようにしようかな。
自分さえわかればいいからね。

朝から出来た土菌ちゃん小分け
ネギの水かけ
コメの石抜き、色選
アスパラ畑の簡易物置兼休憩所兼土菌ちゃん製作所の計画
その材料探し、等で終わりました。
あれこれで時間過ぎるのですが
毎日はこんなもん。
それらの積み重ねで仕事が成り立っている。

書くことに悩んでいるならメモを残すことにしようと決めました。



chorga at 20:36|PermalinkComments(0)

2017年03月04日

腐植水の大腸菌検査

image

今日は長らく爆気していた土菌ちゃん(腐植水)の大腸菌を調べてみた。
みごとに真っ白で大腸菌はいなくなっている。
これは有機物が腐植化して土に向かういく過程にいることであり
そこにる微生物がフェノールに向いていることを示している。
よって非フェノール系の代表である大腸菌の働きを抑えているのだ。
これにより この土菌ちゃんは大腸菌なり非フェノール系の菌類を抑える力を持っているということで
作物の病気に対抗できる。
これは自然界の法則でありその一部をクローズアップしたようなもの。
さらに成長促進までやってくれるので 通常農薬などを使わなければ対処できない状況に効果を発揮する。 アスパラにはこの方法を使って無)農薬に仕上げていくことを考えている。
まあ、試験的にやっていくので全部ではないのだが
その感じを確認していきいずれ全て農薬を排除したい。
今まで試してきた経験をもとにでも仕上げていく作業は簡単ではない。
不確定要素が存在する限り完璧はありえないが 完璧に近づけるようにやっていくしかない。
腐植とは本当に不思議なものだ。
掴みきるまでは時間がかかるかもしれないが これを極めることができたなら
本当に凄いことになるんではないかと思う。
それには相当の知識も必要となるんだろうが 楽しくて仕方ない。
毎日思いは膨らむばかり。
いや~いいねえ~~~

chorga at 21:15|PermalinkComments(0)

2017年03月03日

今だ彷徨い

いやいや、忙しい日々です。
例年の行程にアスパラが入ってきて
ずっと仕事が押してきています。

思った様に進まない近年でしたが
今年こそはと頑張っているんです。

そんな中でもいろいろ考えています。

自然栽培を基本に置いての生産はそのままですが
BLOF(科学的有機栽培)を参考に自然栽培を見ていってます。

自然界を科学と化学で分析しながら
どういう方法を用いていくのか考えるのですが
なかなか嵌るところが見えない。

BLOFを勉強してみて
自然栽培のいいかげんさと素晴らしさが見えます。

そこはどういう自分の思いが反映できるか
方法論の選択になるような気がします。

つい先日BLOFの勉強会に参加しました。
再度BLOFの素晴らしさを感じました。

化学的に追求したその理論には感服します。

BLOFは有機栽培で、肥料を使い
作物の大本である炭水化物を操っていきます。

生命の根源である光合成までも操るというとんでもない方法論です。
しかしその根源は自然界の観察からしかいけない世界です。

自然界の動きは不特定の環境条件に左右されますが
BLOFでは全てではないですがそれすらも操れるような気がします。

そんな凄い理論に向かうには
もっと自然界のあらゆることを知っていかねばならないと考えています。
化学で進んでいくのもいいですが
そこだけでは越えられないものが自然界にはあると思います。

科学的に考えることは好きですし
思ったように進んでいくのを体験したらはまりますよね。
そこに自然界を考えたうえでという事を思っているのかもしれません。

今はBLOF的な見方で自然栽培を考えているのですが
腐植の使い方くらいでしか対応できないでいます。

自然栽培、腐植技術、BLOF技術、それともうひとつを組み合わせて
その時々に対応できる総合的な方法論が見え隠れします。

なんとなく彷徨っている私がいます。
覚醒できる日がくることを期待して
毎日を過ごしているのです。




chorga at 18:31|PermalinkComments(0)

2017年02月07日

無肥料無農薬36年の田の行方

昨日は無肥料無農薬で36年の長野さんの田を見に行った。
image

image


実は長野さん、私の田も見に来たことがある。
無肥料で田を始めたばかりのころ
木村秋則さんが長野さんの田で勉強会をやられたときに
近くなので参加した。
その後私の田でもNHグループの勉強会があり、そこに長野さんもいらしたのだと思う。
当時無肥料では4俵しか取れないころ。

それから田の起こし方によって、藁の扱い方によって収量が増えてきた。
木村マジックだと思った。

長野さんは高齢になり田を維持できないと考えられて
誰か引き継いでくれないものかと知人に頼んで先週FBで募集された。

そんな簡単にできるものではないから
誰もいないのならば私が引き受けようかと考えて出向いたのだった。

さすがSNSはこんなときは役に立つ。
30人を超える募集があったのだ。

36年もの間肥料も農薬も使わないでこられた田は
それで維持しないのならばもったいない。
言うのは簡単だがやるのは大変なことだ。

見たところ私が引き受けるには意外と簡単にできそうだったのだが
ほかに意欲のある方がやるのならばそれでいいと思う。
だが
やらねばわからない苦労がたくさん出てくるはず。
現場をやるだけではなく
収穫したものを実際に販売までやらねばならない。
ハードルは高いと思う。

どう判断されるかは長野さんご夫婦が決めることなので何も言わない。
どうか維持できることを願うばかりだ。




chorga at 08:34|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • ネギの定植
  • もうすぐ種まき
  • いよいよアスパラ始まる
  • いよいよアスパラ始まる
  • 取り込み詐欺?
  • 取り込み詐欺?
  • 米のなんかの取り組み
  • 畝整理
  • 思いを伝えられたか?