2014年05月02日

ふふっふ~~

最近あまりブログを書かなくなっている。
書けないというのは、そこに何かしらあるから。

そう、今も何かしらが起きているんだよね。

もともと言いたい放題の自分が大好き。
自分の思っていることをそのままに書いていくのは良い。

しかしそれが何かしらの問題を引き起こすとなれば抑えなくてはならないとも思う。
ちょっとわからない内容になっててもごめんといっておくしかない。

自分の性格上、面白い事があるととことん突っ込んでいく。
何があるのかわからないと我慢できないらしい。

特に農業にしっかりと目が向いてからはその傾向が激しい気がする。

自然栽培に出会って10年目
そこに何があるのかを追い求めて土に行き着いている。
その周りにある自然、地球から宇宙までの未だわからないところまでを考えていくようになってしまった。

目の前の生産物はどういう仕組を経てそこまでたどり着いたのか考えるに必要と感じているから。

そう思って一生懸命考え行動していたら
素晴らしいものに出会った。
それが土壌生成理論だ。

ところが、それに関わる人間に不信感を持ってしまった。

さてどうする?

最高に素晴らしいと思えるものを追いかけたいが
不信感を持った人間とどう向かい合うのか?

ああ、簡単だよね。
不信感を解消すれば良いだけだね。
徹底的にいくかな。




chorga at 05:01|PermalinkComments(0)思い 

2014年04月17日

ぐるぐる

ネギと米
今年はこれでいくんだけど、どうも上手く噛み合わない。
いったいどうしたものか?
こんな時もあるさと軽く考えていたけど、注意深くやったがいいのかも。

そんなこんな考えてぐるぐるしてます。 

chorga at 01:14|PermalinkComments(0)思い 

2014年04月08日

支持者

トラクターが使えなくて、ネギ定植が一時停止状態だとやる事がない。
ではとアイテム作りとそれを教えるのに時間を取る。

その合間に近所の仲間と話していて
今まで横目で見ていた同級生が手伝うと言い出した。
近隣には少しずつ理解され始めている事は感じていたが
いよいよ流れが出来てくるのかもしれない。

今年は間に合わないだろうが来年からは仲間を含めると
10町位は見込めるかもしれない。
嬉しい話だ。

米がそのくらいの量になってくると
当然それに見合った設備が必要となるが
同級生はある程度の設備も持っている。

力を合わせて需要に答える事が出来るのかもしれない。
実際は供給が上がると需要が増えて行ってまた足りないという事になるんだろうが
出来る事をしっかりとやっていくことで頑張るしかない。

需要に答えられなくて困っていたのからすると
先の展望が見えてくるので本当に助かる。

セミナーを始める時に掲げた
「人の為になる事をする」というコンセプトが実ってきたのかもしれない。

人は話しているとその思いが感じてとれるが
多くの人が協力してもいいよって感じを受けるようになってきた。
それぞれに事情があってそれに引かれていた人も
できれば協力したいと感じてくれているように思う。
農業という生産性の低い分野でも
多くの人が集ってみんなで力を合わせれば大きな力になってくる。
支持してくれる人たちに感謝。
本当にありがたいと感じた日だ。
その思いを受けてしっかりと頑張っていこうと思うのだ。 

chorga at 17:47|PermalinkComments(0)

2014年04月07日

JUST SAY FUCK NO!

田の藁の腐植化作業していて違和感
トラクターのクローラーがなんかおかしい。
そのままクボタに持ち込んだらクローラーを支える部品の中が壊れているとのこと。
数日間ドック入りらしい。
そういえば台所のテレビも映らなくなった。
機械物は時間とともに疲弊し壊れる。
こんなときはだいたい連鎖で壊れたりして出費がかさむんだよな~

今日の作業はあせってやらなくていいからいいけど
時間に追われているときには大きなダメージになるから
今出てくれてよかった。
何でもないような事でも何かの違和感を感じたときは良く見てるとわかってしまう。
それはトラクターで土を扱っているときも同じ。
何か違うと思ったときには何かの問題が起きる。
そこに気がつくかどうかが問題を大きくしないコツみたいなものか。

これは人間関係にも言える。
何かの違和感を感じたら即効で対処。
JUST SAY FUCK NO!
モッズの歌が頭に浮かぶ。



chorga at 16:55|PermalinkComments(0)思い | 今日の記録

2014年04月06日

ネギの今日

DSC_0013 (448x336)
ネギも大分定植できてきたが予定の半分も行っていない。
苗の異変により手間がかかっているからだけど
いずれにしろどんどん進めることと状況判断。

この5年間にやってきたマルチでの方法は一部でやる。
専用機械が再度作り直しになってしまって
この旧来のやり方でやるしかないのだ。


 

chorga at 10:46|PermalinkComments(0)ねぎ 
ギャラリー
  • 旭1号出荷
  • 旭1号出荷
  • 旭1号出荷
  • 稲刈り中
  • 稲刈り中
  • もみすり
  • もみすり
  • もみすり
  • もみすり