2015年07月12日

自然界の不思議

自然界の不思議

自然栽培というカテゴリー(単なるカテゴリーです)に関わってきて
思うことがある。

自然栽培とは自然界の流れをわかった風に見えるけど
追求していくと自然栽培は自然界をわかっているとは言いにくい。

地球における自然とは宇宙の中のルールの中の
地球における環境の表れでしかなく
大きな意味でのルールに合っているのかどうかは疑問。
だが大きな宇宙規模のルールに準じていなくてはならないはず。

全てを理解することは難しい。
わからないことが多すぎるから。

しかし人類は一部の環境(地球)での現象からの理屈で
多くを説明しようとしているような気がしている。
そこに不思議なことに見える原点があるように思える。

大きな話は大事なのだが
多くは目の前の現象に追われている。

実は大きな話こそ大事なのだが
大きな話は大きなスパンでの考え方になってくるわけで
目の前に追いかけられていたら小さなスパンでしか考えることが出来ない。

そこで思ったのは
スパン分け。


宇宙銀河クラスはちょっと棚上げ。

地球環境における宇宙に思いを寄せると
おおまかに太陽と月と地球に集約できそう。
これはかの岡田茂吉の見た世界。

そこから地球に近づくと
地球の歴史から土の存在を意識しなくてはならない。
土が有機物から発生したという事象を考えると
目の前の現場に近くなってくる。

さらに生産と言う見方から考えると
植物の生理に目が行くようになる。
そこに実は有機物だけではなく無機物の関わりが見えてくる。
いったん戻って地球クラスの話になる。


自然栽培の考え方は
自然を知っているかのような振りを見せるが
自然の見方を表現しているのは岡田茂吉氏のみ。

細かいことだけに振り回されている。
自然栽培とはしょせんそんなものかもしれない。
人の欲望が渦巻く悪徳商人の集まりなのか?



私は本来の自然栽培とは人の心まで影響するような食材を提供することにあると思う。
心が健康になるには体が健康でなくてはならないだろう。
その健康な体を生み出すものは食材だ。
生産現場はその体を作るためのとっても大事な食材を作り出す仕事を受け持っている。

ということはその使命を理解しなくてはならないのだ。

では使命を全うするにはどうしたらいいのだろう?

それがなかなか解らないから迷走する。

自然界とはなんと素晴らしくも罪深いのだろうか?
簡単に答えを出してはくれない。

自然栽培を目指す人たち
そこにあるとんでもない使命をわかっているか?

自然栽培と言う言葉に振り回されていないか?


本当の自然栽培とは
肥料と農薬を使わないだけではないのだ。

宇宙を考え、地球を考え、土を考え、水を考えて、それからの生命を考えることで
初めて生産を考えることが出来るのだよ。

自分の使命はいったいなんなのか?
それを考えることが自然に生きることと重なるのかもしれない。

そんなことを思うことの自然界の不思議

薄っぺらい話では済まないよね。






chorga at 21:34|PermalinkComments(0)

2015年07月11日

思いと金

忙しくて更新できなかったね。
田が急に倍まではないけど増えたので
朝早く夜明けともに行動を開始
見えるまでは何かをやっているという生活が続いていた。

田植えが終わり、ひと段落かと思いきや
ジャンボタニシとの格闘が待っている。
補植作業に追われている現在。
このあたりは7月盆なのにそれどころじゃ無いな。

扱う米の量からすると自前の米が多くないので
いつも金の回しに頭を痛める。
段々お客さんからの要求レベルも高くなってくるので
質を上げるための機械も入れながらだから
金銭的には苦しい状況から逃れられない。
本当はかかった経費に上乗せしたいくらいだが
それをすると慣行ものが安くなっているので
売れなくなってくる可能性もあり出来ないでいる。

なんとか生活を切り詰めて生活している。
そこに新しいこともやり始めたから
いや~たいへんだ。

機械類の大きな支払いがもうすぐ終わってくるから
少しは良くなってくるだろうか。

息切れしそうな状況で
精一杯やってきたが
このところ頭に浮かぶのは
何故にこんな思いをしてまでやっているのか?

必要とする人たちに喜んでもらいたいから

だが、それで自分が苦しかったら本末転倒ではないのか?

そんなこんなを考えながら
状況を良い方向に向けるには一時的な金が必要ということ。
金に振り回される生活は嫌だが、金が無くては目的も達成できない。

目的は何か?

絶対に安全なものを必要とする人に提供すること。
自分が食べられるものを提供すること。

自分自身が食べるものを選ばなくてはならないからであるからこそ
何でも食べられない人の気持ちがわかる。

金を生み出す生産方法は知っている。
だが、それははたして安全なものになるのか?
その疑問が取れないうちは生産方法を変えるわけにはいかない。

安全なものになる事を願って取り組んでいる自然栽培だが
出来たものが安全と思われるというだけで
実は何も確証を取れるわけではない。

自然栽培と言う言葉に踊らされないようにと自制をし
色んな方法を使って安全なものに仕上がるようにやっている。
自然栽培信者には気に入らないらしいが
その取り組みに期待してくれる人も多いようだ。

自分自身の思いとずれるといきなり切り捨てる人もいるが
もともと同じ方向を向いていたはずだろう?

そんなこんな仕事に追われながら
頭の中はいろんなことを考える。

自然界は解らないことが多いのだが
できるだけ科学的に追求し
さらに化学的に証明できるところまでやっていきたい。
それは目指す安全なものの何故?に答えることだからだ。

思いと金

何かの解決する方法を見つけなければいけない気がしている。
今のままでは息切れしたら終わってしまう。
年齢からくる衰えはそれを助長してくるだろう。

いい加減なものになってしまうくらいなら
辞めてしまったが良い。

何かのシステムを作り出して
金がうまく動くようにしていきたいと思う。
辞めたらそこまでだからそれは不本意。

よく考えてみよう。


しかし疲れている・・・・


chorga at 16:06|PermalinkComments(1)思い 

2015年06月11日

大雨

朝から大雨です。
警報と避難勧告が出るくらい。

田の最後の調整が終わっていないままですが
もう間に合わないのでこのままで水入れになっていきます。
だったらこの雨を利用してやりたかったよ。

いよいよ代掻き、田植えとなっていきますね~

雨で仕事できないけど、雑用はあります。
そして大事なのは考えること。
落ち着いて考えるのはこんな時かも。


 

chorga at 20:34|PermalinkComments(0)今日の記録 

2015年06月03日

自然栽培の米の作り方


私の米の育て方を話してみようかと思う。
基本は10年前の木村秋則氏の話から。
自分なりの改良を加えて今に至る。

区切りは稲刈り終了時から。
稲藁はコンバインで切り落としたままで一冬触らない。
秋起こしが良いとか最近は耳にするが微生物が活動しにくい冬場は扱わない。

周りでは冬場でさえ田に草が生えてきて緑が多くなるのだが
私の田ではほとんど冬場は草が出てこない。
3月になってくると田に草が出てくる。
微生物が活動を始めるころ、草刈と藁の腐食化を進めるために
モアーという機械で田に入る。
藁は細かくなって内部まで分解をするようになってくる。
モアーは2~3回
4月後半からディスクローダーで土を起こす
田の表面が横を向くようにするところが大事。
ロ-ダーで土を起こすと大きな塊となって含んでいた水分が蒸発し
空気が入り込んで乾燥してくる。
土の中に残っている稲の根も分解に向かう。
空気にさらされるところは好気性の菌が活躍する。
その下の部分では通性嫌気性さらに下の空気が入り込めない部分では偏性嫌気性菌が蠢く。
その状態になってくると藁とか根が分解反応と高分子反応が起きる。
乾いた状態での土の下の部分では雨風、気圧、月による潮汐の影響と
藁等から発生する高分子化腐食にキレートが現れる。
キレートは周りのイオン化したものを集めだす。
土は塊を砕いてみると団粒を見せる。
年月が経ってくると塊になっていたものが砕けるようになって塊になりにくくなってくる。

最後にローダーで鋤き戻す。
鋤き戻さないと収量に影響する。
おそらく微生物の活動に偏りができてしまうからであろうと考える。

ここまでの処理で藁も根も分解もしくは高分子化反応しやすい状態になっている。
そこで6月水入れ代掻き
この時点でさらに藁等の腐植化を進めるのと微生物のフェノール化のために
藁から作った腐植前駆物質を使う。
今後土が良くなってしまったら使わなくなってくると思うが、
できてきた米の抗酸化能力が高くなるようだ。
土壌生成理論から導き出した自然界の法則を利用している。
肥料は一切使わない。堆肥も使わない。

そして田植えとなる。
藁や根が腐植化に向かっていないとメタンガスが発生し田植え後の根を痛めることになる。
私の田ではガスの発生は一切ない。
10年前に比較試験したとき、藁処理しないままに水を入れたときの泡の発生は凄かった。
気にしないと気がつかない。
メタンガスを田で発生させてしまうと温暖化の原因だと批判される対象になるかもしれない。

水が入り田植えをしたらジャンボタニシ食害対策での浅水管理でその時期が過ぎたら深水管理
深水にすると害虫にやられにくいらしい。
稲刈りの直前作業に支障のない範囲でできるだけ水を掛けっぱなし。
中干しなどは一切やらない。

常に考えていることがある。
藁の状態だ。
有機物としての変遷があるから
切り落とした藁が再利用される状況を作り出すこと。
そのためにはどういう過程で再利用されるかを知っておかねばならない。
実際の米自体の成分は水と2酸化炭素を材料とにした光合成で生み出される。
途中で微量要素の役割が必要となるのだがそれらは自然界の循環の中で供給されるもので間に合う。
収量は多くはないが必要なものを必要なだけ自然界から受け取るという状態で
バランスの取れた米に仕上がっているのだと思う。
土を分析してみてもあまり芳しくないデーターがでるが
できた米は素晴らしく美味い。
一度、抗酸化値などを調べたが素晴らしい結果が出てきた。

美味いのだが、食味検査などに興味はない。
巷では食味の検査などで競っていたりするが、求めるものは安全性。
米アレルギーの人でも食べられるようなもの。

だから危険な要素を持つものは使わない。
だから農薬も肥料も使わない。
それでいてそれなりのものを追いかけるという姿勢。

自分自身が食べるものに色々アレルギー反応が出るから
自分が食べられるものしか出荷したくないと思っている。

これが元田の米つくりだ。



chorga at 12:06|PermalinkComments(0)思い 

2015年06月02日

梅雨

あ~ついに梅雨入り
田の準備はまだ終わっていないんだよな~

今年は今までより多くの田を扱っている。
そこで早めにやるように準備していたのだが
もう少しのところで雨が降ってきた~

あと2~3日欲しかったな。

なんとか雨の合間を見ながらやるしかないんだけど
どうなることやら。

この忙しい中で米の出荷も忙しい。
石抜きと色選の機械を通すと30k2時間近くかかってしまう。
色選の機械は昨年ようやく導入したのだが
もう容量不足みたい。
出荷のスピードに追いつけない。

色選とは色彩選別機の略
これを通すと良くないと判断できるものをはじいてくれる。
米には青という未熟米も混じっているのだが
これには生き青と死に青があって
生き青は旨みを感じる成分があるらしい。
昔から多少の青が入っているほうが美味いと言われているが
死に青は良くないのだろうか?

生き青と死に青は選別機は分けてくれる。
光を通すのは生き青らしく通さないのははじくというのだ。
カメラが全粒見て判断して分ける仕組みになっている。
完璧ではないので場合によっては2回かけることもある。
石もはじいてくれるはずなのだが
石は比重が重いためにシュートを流れるスピードが違うらしい。
そこではじき漏れが出てくる。
それに気がついたのが今年の3月くらい。
苦情が来てしばらくわからなかったが
別に石抜き機を入れることにした。

米作りは金がかかって仕方ない。

精一杯やってできる事をこなしながら今まで来たが
そろそろ頭打ちかもしれない。
だが、買っていただく方々のために頑張っていこうと思っている。

梅雨になって段取りが追いつかなかったのをどこかで取り戻さなくては・・・・



 

chorga at 17:38|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 有機物の循環を考える
  • 有機物の循環を考える
  • 有機物の循環を考える
  • アスパラ収穫中~理想の生産技術へ
  • アスパラ収穫中~理想の生産技術へ
  • アスパラとりっきり栽培の苗
  • アスパラとりっきり栽培の苗
  • アスパラ施肥
  • アスパラ施肥
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: