2016年02月15日

オーガニックフェスタ2016

オーガニックフェスタ

今年もオーガニックフェスタに行ってきました。
技術的な部門にも興味はあるのですが
私には自分の中にある思惑があります。
その為には基本的な部分の押さえが必要です。

私は今は全てが無肥料の自然栽培が基本。
自然界の循環があってこそ出来る方法ですが
それに加えて腐植という自然界の生物に利する部分に焦点を持っています。

今回のオーガニックフェスタはBLOFという新しい有機栽培が主流。
機能性を謳えるところまできているので説得力は凄いです。
首謀者は有名な小祝氏。
その理論によりすばらしい結果を出す人たちが目白押しです。
有機の資材を化学的に使いこなし、結果を出す。

まさしく結果にコミットする方法論です。(笑)

ここまで科学している方法論は初めてなので
凄く興味があって数年間勉強させていただいています。

そしてわかってきたことは
行き着くところは同じところということ
道がちょっと違うだけ。

肥料を使うか使わないかという分岐点で
方法は一気に変わります。

肥料とはいったい何?

その昔先人が土に厩肥を使うと良く育つことに気がついて始まったが
その反面弊害もおきるということも出てきた。
効率を求めての人の欲が肥料というカテゴリーを進化させてきたということ。
そこからちょっと違った方向からだけ見た技術だけが大道と思われてしまったのが迷路化した原因か?

BLOF理論はそれを本筋に戻すという感じがする。

自然栽培は肥料というものの弊害から使わないという利点を求めてきたもの。


実はどちらも自然界の生、特に植物の根本性質を理解していかないと上手くいかないのです。
細胞の一つ一つがどうやって今に至ったかの歴史まで知っていなければ
制御コントロールしようなどということは出来ません。
実際はわかっていても思い通りに行かないでしょう。

BLOF理論はそこを上手く簡単に出来るようにプログラムされていると思います。
細かいことを知らなくても出来てしまうプログラム。
小祝さん凄いね。

さて、そこで私が何を考えているのか?
自然栽培を追及していて出会ったBLOF理論は
おそらく出会うべくして出会ったのです。

なんだか方法論の話はどうでも良くなってしまうんですね。

どうしたら自分の求める食が生み出せるのか?その一点です。
求めるものは食べる人の満足な顔を見れること


実際にはいろんな人がいて
何も食べられないようなアレルギーの人もいます。
精一杯のものを提供しても食べられない人だっています。
食べられました。
その一言を聞かせてもらったときに込み上げるうれしさは
何にも変えられないです。

オーガニックフェスタはその一部を見せてくれるいい機会なんです。







chorga at 23:22|PermalinkComments(0)

2016年01月08日

農と科学

自然栽培での疑問を科学的に追及するために
さらに求める方法が無いものかと考えていた。
土壌生成理論からBLOF理論、無機質へと。
その多大なる情報を得るために色んな本を読み漁ってきたが
どうしても何かしらの足りないものを感じていた。

この足りないと感じる何かはどこを見ればよい?

波動とか元素転換とかの話は科学的に思えない自分がいて
そこには踏み込まなかった。
どうしても理解できない部分は感性的な捉え方になってしまうのは仕方ないのか?

なぜかふいに相対性理論に興味を持ち
そこから量子力学に興味が移っていく。

すると
なんとそこに鍵があり何かがわかってくるのではないかと感じ始めた。

植物の成長に無くてはならない光
そこに焦点を向けると思わぬ特性
そして量子と呼ばれる物質の不思議な動き
科学の世界でも解明されていない部分が
生物に影響しているのではないか?!

つまりは解明されていない宇宙の法則が
私の頭に疑問として残ってしまっているのではないか?

うわ~~・・・・・
そんなところまで考えるような頭は持っていないぞ・・・
かといってこのままでも嫌だな。

科学の世界では ひも理論 というところまで進んでいるらしいが
もはやそんなところまで追いかけることは出来ない。
ただ農業の生産においての疑問を追いかけてきたところから
まさかサイエンスの先端までいくとは思ってみなかった。
少し違うことを考えて落ち着けば
何かしら思いつくこともあるかもしれない。
もっと勉強しながらも、土を見ていこうと思う。


chorga at 01:29|PermalinkComments(1)

2016年01月01日

新年

新年あけましておめでとうございます。

昨年はいろいろとお世話になりました。
とんでもない危機に多くの方の応援により
なんとか繋いでいくことが出来るようになりました。
本当にありがとうございます。

今年もよろしくおねがいいたします。

2016年1月1日 

chorga at 16:27|PermalinkComments(0)

2015年12月07日

アースディマーケット出店

FB_IMG_1449453240803
昨日今年4回目の早川倉庫(熊本県熊本市)でのアースディマーケット出店。

毎回こだわり物で出させていただいています。
せっかくなのでそのこだわりを公開してしまおうかな~って

夏場はやはり売れ筋はカキ氷なので
それをオーガニックでやってしまおうというコンセプトでやりました。
かける蜜はすべてオーガニックで、自家製作と一部依頼品
氷も球磨川水系の自然水を使ってできたものを取り寄せしました。

今回もこだわってます。
DSC_0102


DSC_0098
DSC_0100

DSC_0097
DSC_0099
我が家の自然栽培緑米でっせ
DSC_0100
DSC_0101
DSC_0106
屋台でもここまでで出来るんですね~
でも今回はあれもやりたいこれもやりたいってメニュー多すぎましたね。
次回はちょっと絞って提供しやすくしたいかな。

ここまでこだわった屋台はどこにも無いでしょ?
(あるかもしれないけどwww)

なかなか儲からないけど
安全なものを一番に考えてできるだけ美味しく
当然素材が一番大事ってことでやってます。







chorga at 11:33|PermalinkComments(1)

2015年12月03日

命を繋ぐ葱

DSC_0095
命を繋ぐ葱

電話が鳴った。
えっ!?

過敏症の方からの電話
送ったネギが食べられないという・・・・・・・・・

どういうことだ?出来が不十分であったか?
いや、いったい・・・
頭の中はネギを作ってきた経過が一気に浮かんでくる。

いや、おかしいところは無いはず。




よくよく聞くと、どうやら梱包時の問題ではないかと思われてきた。
我が家では手にアカギレが出てきても市販のクリームなどは使わない。
梱包などはできるだけ素手でなく手袋を使って作業をする。
ではどこに原因があったか?
状況を聞いて今までと違った点
梱包時に下の娘が風呂に入っていて、ふんわりと香りが漂っていたらしい。
それ以外に考えられるところが無い?
もうひとつは梱包に使った袋の保管場所?
梱包資材が何かの被爆を受けていたのか?
だが・・・・・・・
それでか?
それだけで?

過敏症の方は本当に厳しい生活を強いられている。
それはそんなに酷くないけども反応する自分自身が良くわかっている。
通常何もわからない人からは”はれもの”扱いをうけるのだ。
何に反応するかなんて最初は全くわからない。
なんか変だな?程度から始まって気がつくまで時間がかかる。
気がついてくると食べられるもの食べられないものを区別するようになり
出来るだけ体が反応しないものを選ぶようになる。
自分の周りの環境に気を配るようになる。

どんなに気をつけていても出るときには出る体の反応。
それをそのままに話してしまうと否定するといわれたりする。
そんなつもりは無いといっても距離を置かれてしまったりもする。

私が悪いのか?

反応する私の体が悪いのか?


だから私はそういう人たちでも食べられる食材を作り出していきたいと考えている。

今回はネギが悪いのではなく
どうやら何かの被爆ではないかと考えられることでいったんほっとしたが
仕事はちゃんと食べてもらえるところまで考えていかねばならない。

今回の過敏症の方は他の野菜は何も食べられないそうで
元田ネギが命綱だとまで言われる。
あとはヨーロッパのオーガニック認証のパスタとか缶詰くらい。
日本の野菜は元田ネギだけという・・・・なんということだ。

そして過敏症に関わる実に詳しい医者の方が
間違いなく日本で5人に入ると言われるほどの過敏な反応が出る方らしい。
私も電話で話をさせていただいたが
すがるような声をいただいて出来ることは何でもしなくてはと思いを新たにしたところ。

命を繋ぐ食材とはどういうものなのか?
しっかりと考えてみたいと思うのだ。



chorga at 13:05|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • アスパラ収穫中~理想の生産技術へ
  • アスパラ収穫中~理想の生産技術へ
  • アスパラとりっきり栽培の苗
  • アスパラとりっきり栽培の苗
  • アスパラ施肥
  • アスパラ施肥
  • アスパラが出てきた
  • アスパラが出てきた
  • 発送
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: