2018年10月24日

稲刈りの合間に


稲刈りを始めたのだが、稲の状態は少し早そうかなって思った。
しかし旭1号は倒れ始めているしこの加減に気をもみながらの日々。
昨日思わずの雨により稲刈りが出来ず
しかも来客もあって久しぶりに気持ちが持ち上がってきた。

最近は嫁のブログ自然栽培農家の嫁のあしあと)にいろいろ書いていってるから見てみて

そんな中で某テレビで野球界の道を切り開いた
野茂英雄の特集が放送されていた。
現在日本人がメジャーで活躍できているのは
その道を開いた野茂投手の想いのがあったからだ。

私はそれを見て自然栽培に重ねてしまう。
新しい挑戦をすることは
旧態依然としたものには害に思われるらしい。

それを跳ね返し大活躍した野茂投手には
以前からあこがれていたものだ。
私よりも10歳も若いのに
その想いや行動力には感動していた。
彼がメジャーで活躍を始めたころは
私は失意の中にいたから私自身の気持ちを起こしてくれる存在でもあったのかも。
実際はそれから動けるものを見つけるのに10年もかかったわけだが。

私自身の新しい挑戦こそ自然栽培であった。
現嫁のおかげでこの道が開けた。
もはや農業なんてって思っていたし好きではなかった。
ただ農家の長男で残っている土地はどうするって思いはあった。

親父がやっていたできるだけ農薬を減らすような慣行しか知らなかった私に
自然栽培は異常に見えていた。
しかしそこにこそ新しい道が見え隠れしたのを覚えている。
2005年の3月の千葉でのセミナーが分岐点か。

そこから一気に自然栽培にのめり込んでいったが
5年もするとわからないことの多さやその大雑把さに考え込む。
そんな時に出会った土壌生成理論はさらなる分岐点。
そしてBLOF理論を学ぶに
いいかげんな自然栽培からの脱却が必要と思うようになっていった。

自然栽培はもっと科学すべきで
もっと良いものをたくさん収穫できるようになるはずだ。
そんな思いが沸いている。

いろいろ勉強していくうちに
人間が決めた線引きに疑問をもつ。
自然界は人間が勝手に決めた線など関係ない。
良いものを生み出すにはその線引きをいったん取り払い
考え直す必要があると思うに至った。

しかし基本は自然栽培

自然栽培でもさらに深い道を模索すると
自然栽培からもはじかれるという・・・
そんなもんか・・・・

だが思いはとどまらなかった。
もっともっとと
どんどん追求することになる。

それが少しづつだが理解してくれる人が出てきているように思う。
良きものを生み出すには
良き土を作る事

それには科学的な検証が欠かせないと思う。
まだまだ検証途中
もっともっと

野茂投手がプロにいって
OJTによるコーチの練習方法に疑問を持ってしまい
科学的な手法に入っていったそうだが
土はさらに奥が深いように感じる。

もう60歳になって
体が思うようにならないいらだちを覚えるようになってきたが
だからこそもっと簡単に良いものを生み出す方法が必要になる。
考えて工夫することはまだまだたくさんありそうだ。

さて、そろそろ稲刈りに行こうか。
今日はいい天気だ。
昨日の雨と朝露が取れてくれれば今日も頑張るよ。



chorga at 09:59|PermalinkComments(0)

2018年10月16日

旭1号の状況

昨日、嫁が写真を撮っていたので拝借
o1320074214285008145

 そろそろいい感じかな~
多少倒れているところがあるけど
べったりではないから大丈夫だね。
何回も台風にさらされたけど直撃でなかったからね。
良くできていると思うのだ。

あとは熟成加減
早すぎると籾殻が取れなかったり
水分が多すぎたり
遅いと脱粒したり倒伏したりで困る。

周りではドンドン稲刈りが進んでいるが
じっと我慢しているのだ~

そろそろ機械類を整備しよう。
早くやりすぎると
つい勢いで稲刈りに突入してしまうから
ここも我慢しているのだ。
この時期になると
新米新米ってうるさいけど
見極めは私しかわからないだろう。
でも
みんなうるさいんだよね(笑)

chorga at 08:42|PermalinkComments(0)

2018年10月11日

稲刈り前 野菜

ほうれん草
IMG_20181011_065037

チンゲン菜
IMG_20181011_065051

わさび菜
IMG_20181011_065105

二十日大根
IMG_20181011_065119

かぶ色々(混ぜて種まき)
 IMG_20181011_065128

人参(3種)
IMG_20181011_065143

自分で食べる野菜は自前で作りたい。
この畑は14年間育ててきたので
今回は腐植もいらないかな~って
鋤いて草抑えのためにマルチひと月かぶせて種まいただけです。

自然栽培の科学的な検証がなかなかできないでいるのだけど
BLOFを勉強させてもらってずいぶんわかってきた。
ただアレルギーで食べれないものがあるので
どうしても自然栽培での野菜が欲しいんだよね~





chorga at 08:56|PermalinkComments(3)

2018年10月07日

台風過ぎて

台風25号が行ってしまった。
ほっとした。
このところずっと次々来る台風で旭1号の稲が倒されてしまうのではと
気が気でならなかった。
今のところ多少倒されたが大丈夫かな・・・
旭1号は晩稲で倒伏、脱粒など問題もあり作りにくい。
それでもこれを作るのは魅力がいっぱいだから。

もうすぐ稲刈りになるけど楽しみ。

台風でのドキドキをごまかすみたいに
野菜を作ってみた。
IMG_20181007_085720

IMG_20181007_084819

自然栽培で歴が14年目の畑
虫食いもなく元気に育っている。
自家用と多少販売程度。
食べるのは自家栽培がいい。

となりでは大豆
IMG_20181007_084914
ちょっと出来すぎ?

味噌の材料になるから作っているようなもの。
こちらも台風にやられなっかったのでほっとした。
外的要因(台風)で生産性が変わるって
いい商売とは言えないな。














chorga at 11:37|PermalinkComments(0)

2018年09月28日

振り返り3

2010年のころ、行き着くところは「土」となり
土って何?をテーマに調べてみました。
土壌学の本を引っ張り出し読んでみても
岩石が細かくなったものと、分解された有機物が混濁したものという。
NHKの高校講座の地学では緩衝作用の事が出ていました。
能力があることはわかってきたのですがどうしてというとキレートという言葉も出てきました。
しかし求めるものは出てきません。
そんなときに土壌生成理論に出会いました。
そこには土とは何かが示されていました。
火山学者であった内水護氏がその解明をされてあったのです。
それは有機物の循環と微生物の関係から有機物の変性が示され
土は有機物から出来ていることが書いてありました。
(図)

土壌生成理論図
考えてみれば自然界で有機物が奇麗な循環をしていなければ
我々の住む環境はどうなっていたでしょう?
動物も植物もその複雑さは違っても炭素Cをもつ分子の集まりであり
炭素Cを含む分子構造により出来上がっています。
それを有機物といいます。ただし一部除外されているものがありますが・・
動物はエネルギーとなりうるものを口から摂取し不要になったものを排出して生きています。
排出されたものも有機物であり、変化してくれなくては
糞だらけの世界になってしまいます。
自然界での仕組みは良くできています。
きちんと循環するシステムを備えているのです。


有機物の変性は2種類に大別されます。
1.酵素分解による低分子化
2.重縮合反応での巨大分子化

1は一般的に言われる醗酵腐敗の分解低分子化
2は物理化学反応で土の生成に向かう高分子化

条件は関わる微生物(土壌菌)の代謝産物にフェノール系のものが含まれるかどうか

高分子化に向かうと、さらに珪酸塩がある環境にて土壌生成過程に向かう。
この状態を「腐植」という言葉で表す。
この時に緩衝作用を担うキレート構造が出来てくる。

そしてそこにフルボ酸、フミン酸という過程物質が生まれ多くの時間をかけてさらに石炭酸へと変遷する。

土(土壌)は腐植、フルボ酸、フミン酸、未反応ケイ酸塩などが混濁するものである。


有機物から変遷し、ケイ酸塩のある環境で腐植化に向かう直前の状態を腐植前駆物質と呼び
この腐植前駆物質は微生物(土壌菌)の代謝産物をフェノール系に向かわせる働きをする。

そして高有機物を分子化へと・・・というサイクルができている。

自然界ではこのサイクルが出来ていて
低分子化したものもキレートしたりして再生していく。

つまり生物が生きていくうえで
腐植は必要なものであり、環境を整える環境物質と捉えることが出来る。

そこには土という状態のものが存在することになるのだ。
土があってこそ植物だけでなく動物も微生物も生きる環境になっているのだ。

難しいようで簡単な仕組みでサイクルするシステムのおかげで
自然界は生物が生きれる環境が出来上がっている。

土はその一端を担っているわけで
土の正体の大まかなところがわかった。

それらのシステムは
太陽からの光エネルギーからもたらされた事から
地球上に有機物を生み出す環境があったからこそ。

全く持って自然とはすばらしいシステムから成り立っていると
驚くばかりである。


chorga at 20:09|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • ついに完成か?
  • ついに完成か?
  • うらけん
  • うらけん
  • 遠野から
  • 朝霧の旭1号
  • 朝霧の旭1号
  • 旭1号の状況
  • 稲刈り前 野菜
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: