2017年12月17日

自然栽培では動物性肥料を嫌うが・・・

自然栽培では動物性肥料を嫌うが・・・

自然栽培をやっていると必ず出てくるのが
植物性のものはいいが動物性のものはダメって話。

いったい何故か?
それは生産物が長く持たない状態になりやすい
つまり溶ける腐る、美味しくないなどを言われる。

科学的に追いかけたわけではないけど
直感的に腐るようだと嫌な臭いがでてきたりするから嫌うよね。
それはいったい何故起きてしまうのか?

色々考え情報を集めてみた。

野菜で考えてみよう。
自然栽培で作った野菜はそれを作った土にどれだけの時間をかけたか(?)により
だんだん葉から枯れるようになる。
肥料を使ったら(特に有機肥料という)くずれてきて溶けるようになる。
早く自然に帰ろうとする力が働くようだ。
という自然栽培ね。

一時期それに対抗できなかった有機栽培は
科学的見地からの取り組みで化学的に追求し理由がわかってきた。
化学式で表現されると対抗できないよね。

ならば自然栽培でも化学的に何が起きているのかを調べればいいが
やろうとはしないな~
金かかるし、美味しければいいかって・・・?
なかなか原理主義から抜け出せなくて科学的な追及が出来ないんだろうか?

BLOF理論を教えてもらって、化学的にわかると
自然栽培でも当てはまることがたくさん。
腐植技術を加えて、有機物の循環を知れば
大きな流れがつかめてくるんだよね。

岡田茂吉の教えは
植物が出来るまでを表しているが
その後はどうなったかはよくわからない。

自然界では物質が循環されて再利用されなければ増える一方
しかし実際はエネルギーの消費でさえ再利用になっているから
実質の量は増えない。(と思うのだ)
一方的に享受できているのは太陽からの光エネルギーだけじゃないの?

自然栽培では片手落ちって私がいっているのは
その循環を理解しようとしない点かな~

植物は太陽からの光エネルギーから炭水化物を作り出し
それが生物(動物まで含めた)の元になって作られている。
これの詳しい話はBLOF理論を勉強してね。

それの循環は炭水化物を基本とした有機物の循環だよね。

その循環は自然界では出来ているが
生産という人為的な活動において人の欲がからむ生産性なんて言い出したら
循環を加速させてやらなくてはいけなくなる。

自然栽培は自然の流れの中で循環を速めてやる工夫かな?
それに化学的な見地からの技術が入ってくれば
格段に良くなると思うのだ。

BLOF理論では化学的にそれらを明らかにし
必要な分だけの供給を化学的なものでない有機な肥料で実現。
良いものを大量生産できるまでの技術を作り上げている。
最近はこれに腐植の技術も取り入れていて凄い。

自然栽培は人為的に肥料を入れない代わりに
植物の力を利用しようとしているが
OJTのみで化学的には追求できていない。
暖かく保水性が良く排水性が良い土はどうなっているのかさえ解っていないと思う。
そこに目を向けて腐植の理屈を使うとわかってくるんだな~

原理主義は嫌いじゃないからいいんだけど
原理がわかっていないんじゃ話にならない気がする。
技術はどんどん進んでいく。
判らないことがわかってくるから進歩するけど
進歩を妨げる原理主義はいただけない。
今までの原理が幼稚だから進歩した原理に基づいて進まねば進歩はないんじゃない?

こんなこと書いているとまた嫌われそうだけど
目指すは自然栽培をすることではなく
何がしかの方法により
良い食を生み出していくことだよ。
自然栽培という手段で良いものを生み出す。

良い食とは?
この問いにどう答えるかが大事。

自然栽培に入って長年やっているからこそ
自然栽培には愛着もある。
半面今のままではだめになってしまわないかって危惧もする。
自然栽培をやっている人はどう思ってやっているんだろう?
取引条件と方法論を勘違いしないでほしいなあ・・

必要としている人は
良い食になっていると思うから自然栽培を選んでいるんだよね。
いずれBLOF技術に置いて行かれるんじゃないかと心配だね。







chorga at 00:30|PermalinkComments(0)

2017年12月16日

自然栽培ってさ

自然栽培ってさ

昔は無肥料栽培って言ってたんだよね。
肥料を使わないと農薬も使わなくても良くなるってね。

自然栽培という言葉は昔 岡田茂吉が作り出したのだけど
横やりが入って無肥料栽培って言い換えたんだ。

自然栽培の定義は少しづつ変化して
今では取引条件になっているのを定義みたいに勘違いしている。

岡田茂吉は宗教家で農にも色々言っているみたい。
ある時信者が肥料を使わなかった(使えなかった?)米を
たまたまビンに入れて放置してたのを見つけたんだ。
そしてそれが腐っていなかったことから始まった。

最近で言う腐敗実験だね。

岡田茂吉はもともと無肥料の事は考えていなかった。(と思う)
土自体が肥料だと言っていたから。

土が肥料になっているというなら無肥料ではない。

自然では土が肥料の役割を担っているから自然栽培。
自然環境から肥料分は生み出されているという考えなんだね。

火素、水素、土素、の3要素から養分は生み出されているというのは
自然環境ではそういう仕組みがあるっていう事で自然栽培。

金肥(化成肥料)を使う事で出来た野菜を清浄野菜としたのは
糞を利用するのを清浄ではないとした見方からだよね。
つまり循環なんて考えていなかった。

無肥料栽培は人為的に肥料を土に入れないという意味合い。
自然栽培は循環から養分は供給されて栽培できてしまうからということなのかな?

科学的に追求すると
生物を作り出す大本は光合成
作り出されるものは炭水化物(CH2O)
二酸化炭素からのCと水H2O
生物は水と炭素がもとになっている。
炭素が関わる物質を有機物と言い
有機物の循環が自然界の生物の循環になる。

自然栽培はこの有機物の循環を利用して成り立つ。
実は作物は全てこのラインからはずれないんだけどね。

基準が人為的に肥料を入れるか入れないかではなく
循環しているかどうかが問題なんだけど。

人の体だって食糧を通して自然界の循環の中にいる。
そのエネルギーを利用することで生きていられる。
そこに余計な循環に必要ないものが混じりこむとおかしな現象を引き起こす。
それが体に反応を起こす。

そんな感じなのかな?

昔は有機栽培は怖いと思っていた。
特に自然栽培で言う動物性肥料(つまりは糞の利用)を使うと
すぐに生産物が腐敗して溶ける。
そんなもの食べたい?って感情的に嫌っていた。
それが嫌だから自然栽培がいいってね。

最近は有機物の循環を考えたら有機栽培が未来的に有力だと思っている。
だって有機物の循環が基本だから
有機物の循環に合わせた有機肥料を使ったら効率よく生産できる。
その追及をやっているのが小祝氏率いるBLOF軍団。
素晴らしい理論と成果を上げているんだよね。
勉強させてもらっています。

私は自然栽培からの流れで
思うところは「絶対の安全」
かといって自然栽培ありきではない。
良い食が得られるのであれば方法論はどうでもいい。
だが、どうでもいいでは良いものは得られない。
そこでの方法論だから自然栽培にこだわらない。
今のところ自然栽培というだけ。
これに腐植の技術ははずせない。
自然栽培でも有機栽培でも腐植の恩恵は受けているけど
理解していないだけだよね。

さりとて自然栽培
良い食材を生み出す初歩の方法論としては良いと思うのさ。





chorga at 03:18|PermalinkComments(0)

2017年12月15日

大好評お試しパック

image

https://www.sizenmura.net/single-post/20171208foryou

お試しパックが好評です。
残り僅かになってしまいました。



chorga at 03:25|PermalinkComments(0)

2017年12月14日

新規の子供園

新規の子供園

昨日は新しく取引を始める子供園(保育園幼稚園から呼び名が変わる?)に行ってきた。
ずっと以前から子供にはちゃんとしたものを食べさせるべきというのは思っていた。
その現場がそういう風に考えていただけるのはうれしい限り。
今までお付き合いがある保育園と今回で2件目。

子供は大きくなっていくのが早い。
大きくなっていくのは食べるからだし
食べるもので体が出来てくる。
できるだ自然に近いもので本来あるべき成長をしてもらいたい。
まあ、本来あるべき姿とはどうなのか?ってよくわからないけど
健康的に育ってくれるに寄与できるようなものかな。

自分自身がアレルギーがあるから
なんかおかしなものを食べたら瞬間に口の中に水疱とか血豆とかできる。
そういうものは食べないがいいだろう。
だから自分が食べられるものを作る。
最近はアレルギーは影を潜めているが
油断していると出てくる。
出てくる時に何が反応したのか判ればいいがわからない。
油に反応しやすいのはわかっているのだが。

子供たち、健康に育ってねって思いで米も野菜も作るんだ。

今お付き合いのある保育園では
職員さんから子供たちの反応を聞かせてくれる。

「好きな食べものはなんですか?」
おにぎり~~ごはん~~ってみんなで言ってくれるのだとか。
もう、その瞬間嬉しくてね~~

お米が我が家のに変わってから
子供たちみんな食べるようになったんだって。
納入頻度が上がっているしね。

子供の成長は早い。
4月新年度は少なめの量が一年過ぎていく間に
どんどん多くなっていくんだって。
食べ物って本当に大事だなって思いますよ。


chorga at 10:16|PermalinkComments(0)

2017年12月13日

麦の種まき

ふと思うと、農業現場ネタが少ないことに気が付いた。
現場ネタを増やそう。

昨日は麦の種まき。
畑に3反くらいかな。
以前は手作業でやってたから大変だった。
だいたい夏場に大豆で冬場に麦で廻しているから
今の時期は大豆の残渣があるんで2回ほどトラクターで鋤く。
残渣を残す大豆は昔は手作業だったから忙しくも大変~
35
(以前の大豆処理、この時に機械壊したんだっけ・・)2011.12
それが済んで麦も手撒きしてて、雪が降っているときのあったな~
今はコンバイン、トラクターでの種まき機だから簡単
なんだけど
失敗もある。
種まきしてて突然種まき機がトラクターから外れた。
なんと止めるレバーの掛け忘れ。
畑の中だから元に戻すのに苦労した。
その時に麦の種が機械から漏れないようにシャッター閉めたんだけど
今度は閉めたまま種まき~って撒いていないだろ。

2度手間で時間がかかったが
昔を思えば作業は楽になった。
同じ仕事量は4人で3日かかってたのが
1人で1日で済んでしまう
その分機械は高いんだけどね。

畑は自然栽培でずっとやっているところ。
だけど草処理が間に合わなかったりするから収量は少ない。
頭にはずっと自然農で知った知識をフル活動させる。
それに有機物の循環を常に考えている。

やはり自然栽培と土壌生成理論は切り離せないと常に思う。

種を撒いたら、土の中で何が起きているのかを考える。
天候とかあらゆる環境がそこに影響するからね。



chorga at 05:18|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 大好評お試しパック
  • 麦の種まき
  • 2018スーパーマーケットショー
  • ライブ配信
  • 450g
  • そろそろ・・・
  • 大豆天日干し
  • 大豆天日干し
  • 抗酸化力検査2016